趣味

【 意外と知らない自転車の法律 】自転車のハンドルに荷物をひっかけて走るのはNGだった【 フロントバッグはどうなるの? 】

誰もがやったことがあるであろう、自転車のハンドルに荷物をひっかけて走るという行為。 実はこれ、法律で制限を受けるものだったのです。 今回は意外と知られていない自転車の法律として、自転車の積載に関することを詳しく調べていきます。

【 誰でもできる自転車カスタム講座 】腕時計は自転車にもつけられる!

時計は無くてはならない存在です。それは自転車の運転中でもかわりませんよね。 最近は腕時計よりもスマホで時間を確認することが増えましたが、自転車に乗っている場合は見ることが出来ません。 そんな時は、腕時計を自転車につけてみてはいかがでしょうか。

【 自転車の保険のお話 】47都道府県別、自転車保険加入義務化の流れを調べてみた【 自転車保険の選び方 】

自転車の保険への加入義務化の流れが全国的に広がりつつあります。 自転車は気軽に楽しく乗れる乗り物ですが、免許がない以上、自分で法律を理解しルールを守りマナーやモラルをもって運転しなければ、大きな事故に結びついてしまいます。 この記事では、都…

【 自転車にも車検が必要!? 】ジャンクで売られていた中古の自転車でTSマークを取得してみた

TSマークとは、車で言う車検を受けたことを示すマークです。 誰でも気軽に乗ることが出来る自転車だからこそ、専門の整備士の方に点検してもらう事は必要ですよね。 今回は、ジャンクで買った安い自転車を出来るだけ自分で整備したらTSマークが取得できるの…

【 自転車のベルの定義は? 】自転車のベルはチリンチリンじゃなくてもいいのかを調べてみる【 叫ぶチキンは警音器になる!? 】

自転車のベルには様々な種類がありますが、警音器としての明確な定義や基準があるのかを調べてみました。 また、ベルの正しい使い方は法律で定められていますが、その使い方を知らない方や理解されていない方が多くいらっしゃるので、その点も含めて解説して…

【 自転車パーツ 商品レビュー 】補助ライト付きパワーフラッシュライト【 自転車用ヘッドライト 】

自転車のライトは夜道の安全性を確保するために、しっかりした物を吟味して選ばなければなりません。 今回紹介とレビューをする自転車用ヘッドライトは、一般的なライトには無いような変わった特徴を持っています。 個人的な安全性の評価は、かなり満足度の…

【 おっさんが始める、ネイルアートの道 】とりあえずマニキュア塗ってみる

おじさんネイリストって初めて聞いたんですが、有名な塩見隼人さんという方がいらっしゃるのですね。 私は誰かに憧れているわけでも、女装を始めようと思ったわけでもなく、妻と娘に喜んでもらえる特技が欲しいと思いネイルアートを始めようと思いました。 …

【 自転車カスタム講座 番外編 】絶対に真似しないでほしい前輪2輪カスタム

自転車好きにとってカスタムは必ず通る道ですが、たまに奇抜なカスタムをしている自転車を見かけますよね。 今回、変わったパーツを手に入れることが出来たので、無理やり愛車にドッキングしてみました。 その一部始終をご覧ください。 安全性の保障は出来ま…

【 誰でも出来る自転車カスタム講座 】フロントバッグは普通の市販品バッグで代用できて取り外しも簡単!

自転車につけるバッグを選ぶときは、市販の普通のバッグも候補に入れてしまいましょう。 専用設計のバッグが中々決まらないときは、普通に売っている気に入ったバッグを自転車につける方法を考えた方が手っ取り早いときもあります。 ちょっと考え方を変える…

【 知識0から始めるガーデニングライフ講座 】ヴィンテージ風のプランタースタンドを作る【 材料費1000円以下! 】

第二回目となった【 知識0から始めるガーデニングライフ講座 】ですが、今回は簡単なDIYでプランタースタンドを作ります。 ただ作るだけではなく、ヴィンテージ風の加工をし、世界に一つだけのオリジナルプランタースタンドを作ってみましょう。 自分で作る…

【 誰でも出来る自転車カスタム講座 】フェンダーのラップ塗装は超簡単!【 のすけ的アレンジ塗装 】

最近は自転車通勤する方も増えて、いたるところでかっこいい自転車を見ることが出来ます。 愛車の自転車を、もっと個性溢れるオリジナルのカスタムをするなら、ラップ塗装にチャレンジしてみましょう。 塗装は難しく感じる人もいると思いますが、やってみれ…

【 知識0から始める簡単ガーデニングライフ講座 】ボロボロの花壇を直す【 1日で出来るDIY 】

自宅のボロボロになっていた花壇を直しました。 ガーデニングは費用も手間もかかるイメージでしたが、知識0でもなんとなく出来ちゃうところがガーデニングの面白いところ。 自分で作った花壇を眺めながお茶でもしてみてください。 最高のひと時を過ごすこと…

【 キャンプはしたいが外には出たくない! 】引きこもり型キャンプの始め方【 お家でキャンプ! 】

キャンプに行って引きこもるというスタイルがありますが、だったら家でもキャンプの雰囲気を味わえるんではないか、というお話です。 キャンプの魅力は自然に囲まれて非日常を体験できることにありますが、キャンプ場は人が多かったり虫がいたりして、嫌な人…

プライバシーポリシー お問い合わせ